Archive for 浜本孝雄

私のくすりエクスプレスの利用記録を公開

くすりエクスプレスというサイトを知ったのは、オシャレが大好きな友人から教えてもらったのがきっかけでした。
彼女はスタイルがとても良くて、どんな洋服でも着こなしてしまいます。
私が着ると野暮ったく見えるパーカーも彼女が着るとオシャレに見えることがあり、正直いつも羨ましく思っていました。
いつも私と一緒にスウィーツを食べたりしているのに、どうやってそのスタイルを維持しているのか不思議でしかたがありません。

ある日、思い切って聞いてみたところ、くすりエクスプレスという代行輸入サービスの事を話してくれました。
なんでも、そこでは海外のよく効くダイエットや美容関係の商品などを扱っており、輸入する手続きを代わりに行ってくれます。

そのため、自分ひとりで海外通販を利用すると起こりえるリスクを最小限に抑えて、手軽に海外の医薬品も購入・利用することができると言うのです。
実は私もTVで見たアメリカのまつげ美容液などを購入したいと考えた事がありましたが、個人輸入なんてやった事がありませんでしたし、まがい物を買わされたり、商品が届かなかったり、トラブルが起きても問い合わせができずに泣き寝入りする事を想像したら、結局買えませんでした。

しかし、彼女が教えてくれたサイトをのぞいて見たら、なんと私が欲しかったまつげ美容液も扱っていたんです。
価格も思っていたより安かったですし、嬉しくなってすぐに購入してしまいました。
くすりエクスプレスでは同じ商品をまとめて複数買うと割引してもらえるので、最大数買って冷蔵庫で保存しています。
しかも、どんな商品でも総額が少なくても送料無料になるのには驚きです。
参考記事・・・くすりエクスプレスの評判

大手通販などでも5000円以上お買い上げで送料無料などはよく見かけますから、こんなに太っ腹なところはそうないでしょう。

他にも、彼女が使っているという脂肪吸収を抑えるゼニカルという商品も興味津々で、商品ごとに実際に使った方の感想や評価が載っているので全部読んでしまいました。

商品ページには詳しい取扱説明書のような内容が書かれているものの、実際に使ってみた方の感想はためになります。
中には困った副作用への独自の対処法を編み出した方もいて、それを参考にすれば副作用も怖くありません。
結局こちらも我慢できずに購入してしまいました。

私は家族と暮らしているので、このような商品を購入する事に多少抵抗はあったものの、くすりエクスプレスでは箱に商品名を詳しく書かない配慮があって安心して買えたのもポイントです。
もしもこの配慮がなければ、きっと欲しくても我慢してしまっていたでしょう。

病院やドラッグストアでは買いにくいものも多く扱っていますし、利用者の気持ちをよく理解していると思います。
様々な商品があってまだ把握しきれてませんが、いざと言う時に病院へ行かなくてもすぐ購入できると考えると安心です。
早期治療のためにも選択肢はたくさんあった方がいいですし、健康について考えるきっかけにもなりました。
これからも自分で美容と健康を保っていきたいと思います。

禁煙治療の体験談。

煙草をやめたいと思ってもなかなかやめられない。
そんな方も多いと思います。
実は、私もヘビースモーカーでした。

毎日、数十本吸うのは当たり前で、家族にも身体のために煙草をやめて欲しいと懇願されていたほどです。
自分でも煙草は身体に良くないとわかっていたのですが、若い頃から毎日、煙草を吸っていたため、なかなかやめることができなかったのです。
今まで、煙草をやめるためにニコチンガムなどを使用してみたりしましたが、全く効果がなくさらに、イライラしてしまい挫折してはまた、チャレンジするといった悪循環でした。
そんな時にテレビで見たのが、煙草の健康被害です。
煙草には多くの有害物質が含まれており、発がんのリスクがあるというのです。
こんな怖い現実を知り、なんとしてでも煙草をやめると決意しました。

自分の力だけでは、禁煙を成功させるのは無理だと思ったので、クリニックに足を運び禁煙治療を行うことにしました。
ドクターや看護師と一緒に禁煙治療を行うことが出来るので、とても心強いです。
カウンセリングを行ってくれたり、時には励ましの言葉をかけてくれたりと禁煙を成功できる秘訣が禁煙治療にはたくさんあるのです。
私は、こういったドクターや看護師のサポートがなければ禁煙治療を成功させることは出来なかったと思っているので感謝しています。

禁煙治療では、チャンピックスという禁煙の治療薬を使いました。
3ヶ月ほど使用して禁煙に成功させる治療薬なのですが、これが自分にはとても合っていたようで煙草を吸えなくてもイライラ感がないのです。
なんでも、チャンピックスには、ニコチン不足を解消できる仕組みがあるようです。
また、禁煙治療を始めたからといって、最初から煙草を吸ってはいけないという制限がないのもうれしいですね。
チャンピックスを使用した最初の1週間は、煙草を吸っても良いとのことだったので少しずつ煙草をやめられるので、プレッシャーもストレスもありません。
チャンピックスの副作用として、頭痛や吐き気、眠気などがあるようですが、私は一切、そういった症状には悩まされていません。

医薬品なので、医師に相談することはもちろんのこと、使用方法を守ることはとても大切だと思います。
私は、朝食後と夕食後に毎日、チャンピックスを飲んでいました。
この治療薬のおかげで、煙草を吸いたいという気持ちも抑えることができて、ストレスがまったくありませんでした。

禁煙治療を始めてから3ヶ月ほど経ちましたが、禁煙には成功していると思います。
不思議なことに、あれだけ煙草に依存していたのに、今はまったく吸いたいと思わないのです。
こんなに短期間で煙草をやめられるとは思っていなかったので、驚きと同時にうれしさでいっぱいです。

もちろん、家族も煙草をやめたことを喜んでくれています。
今、健康的な生活を送れているのは、正しい治療法を行ったからだと思います。
煙草をやめたくてもやめられないという方は、ぜひ試してみてください。

禁煙したいなら、禁煙治療がおススメ。

煙草をやめたいけどやめられない。
禁煙に成功したい。
そんな方は、禁煙治療を始めてみませんか。
長年、吸ってきた煙草をやめるのは、とても困難を伴うものです。
特に一人で禁煙にチャレンジしなければならない方にとっては、毎日がストレスとなってしまうでしょう。
そんな方におススメなのが、禁煙治療なのです。
現在、日本全国の多くのクリニックで禁煙治療を行うことが出来ます。
ドクターや看護師とともに禁煙治療を行えるため、一人ではないという強い気持ちから多くの方が禁煙に成功しています。
禁煙成功までに、3ヶ月ほどで達成できると言われており、保険を使って禁煙治療が行えるため、およそ3万円ほどの費用で禁煙を成功させることが出来ると言われています。
そんな禁煙したい方の心強い禁煙治療ですが、そこで使用されているお薬がチャンピックスです。
チャンピックスは、煙草をやめたい、吸いたい気持ちをセーブできる治療薬なのです。
この治療薬で禁煙が成功するメカニズムはさまざまありますが、脳内にあるニコチン受容体をコントロールしてくれるところにあると言われています。
また、結合することによって、少量のドーパミンを排出するので、煙草を吸いたいというイライラ感を抑えるもとも出来ます。
こんな素晴らしい作用を行ってくれるのが、チャンピックスの成分でもあるバレニクリン酒石酸塩です。
ニコチン不足を唯一解消できる禁煙治療薬としてメジャーになり、多くの信頼を得ています。
さらに、驚くことにこの治療薬を使用することで、煙草を吸っても満足感を得られなくなるというのです。
1日に何十本も煙草を吸っていたヘビースモーカーの方も、このような効果を期待することが出来るので、スムーズに禁煙を成功させることが出来るでしょう。
気になる使用方法ですが、1週間目は煙草を吸っても良いとされています。
無理して煙草を制限する必要はありません。
2週間目からが本格的な禁煙のスタートになります。
錠剤を1日2回、朝食後と夕食後にお飲みください。
副作用として頭痛や吐き気があると言われていますが、禁煙治療を行っている専門のクリニックなどでは、胃薬を一緒に処方してくれるところもあるようなので、相談してみてはいかがでしょうか。
煙草は決して身体に良いものではありません。
煙草には、200種類以上もの有害物質が含まれているのです。
発がんのリスクも高く、健康に害を及ぼす有害なものなのです。
煙草は、リラックスできるものでもありますが、そのメリットの裏には身体に害を及ぼしリスクがあるということを忘れてはいけません。
煙草をやめるのは困難だ、そう思っていた方もチャンピックスの魅力を知った今、禁煙に成功できそうな気がしませんか。
まずは、勇気を出して禁煙治療を行っているクリニックに足を運んでみてください。
禁煙できないと悩んでいた毎日がウソのように、晴れ晴れとした爽快な毎日を過ごせるようになることでしょう。

私の禁煙を成功させてくれたチャンピックスの力

近年、日本にはかつてない禁煙ブームが訪れています。
私の身の回りでも、多くの人がブームに乗ってタバコを吸うのをやめていきました。
私自身も同様にブームに乗って禁煙を成功させたのですが、私の場合はチャンピックスという医薬品がなければ、おそらく禁煙を成し遂げることは出来なかったと思います。
私がタバコを吸いはじめたのは、大学生2年生の頃です。

タバコを初めて吸ったときは、ただむせるだけで何が良いのかわからなかったのですが、2本3本と吸ううちにタバコの美味しさがわかるようになっていきました。
それからというもの、ストレスを感じては吸い、食事をしては吸いと、私はヘビースモーカーへの道をまっしぐらに歩んでいったのです。
さて、そんな私が40代になった去年のこと、私の勤め先では喫煙所が撤去され、会社の屋上の片隅でしか、タバコが吸えなくなりました。
また、禁煙ブームの影響で同僚に禁煙するものが増え、社内で数少なくなった喫煙者は、とても肩身のせまい思いをするようになっていました。

そして、たばこ税の増税を機に、ついに私も禁煙を決意したのです。
私は家族と職場の同僚に対して、高らかに禁煙を宣言しました。
周りに宣言することで、自分を追い込めると思ったのです。
ところが禁煙を初めて3日もすると、タバコを吸えないストレスで、私はイライラするようになりました。

そして、ついに耐え切れず最初の一本を吸ってしまうと、後はなし崩し的に元通りのヘビースモーカーに逆戻りしてしまったのでした。
おかげで家族には白い目で見られるし、同僚には笑い者にされるしで、散々です。
ただ、1人だけ同期の同僚が私を笑わずに、医師に禁煙を相談してみたらどうだ、と言ってくれました。

その同僚も、何度も禁煙に失敗したことを医師に相談し、現在では医師の指導のもとで禁煙を続けられているようでした。
私もその同僚の話を聞いて、今度こそはと禁煙専門のクリニックに出かけることにしたのです。
禁煙に悩む私に、医師は医薬品を勧めてくれました。
それが、チャンピックスでした。
この薬を使えば、自然とタバコを吸いたいという気持ちを抑えることが出来るのだそうです。
また医師は、禁煙への気合いを見せる私に対して、無理に我慢せずに、タバコを吸いたい時は吸って良いですよと優しく言ってくれたのです。

無理にタバコを我慢すれば、ストレスが溜まってイライラすることは、私も既に経験済みでした。
医師がいうには、無理にタバコを我慢するよりも、薬の効果で自然に吸いたい気持ちが無くなるのを待った方が、禁煙の成功率は上がるのだそうです。
そんな話を聞いて、私はとても気持ちが軽くなりました。
私は、クリニックから帰宅してすぐに、チャンピックスを服用しました。
しかし、その日はまだタバコを吸いたかったので、我慢せずにタバコを吸ったのです。

そんな私がチャンピックスの効果を実感し出したのは、服用開始から1週間後のことです。
私は、タバコを吸わなくても以前のようにイライラしない自分に、はたと気がついたのでした。

そして、禁煙を始めて1年が経った現在は、チャンピックスを使わなくても禁煙を継続することが出来ています。

禁煙するならチャンピックス が一番です。

一度タバコの美味しさを味わってしまうとタバコから逃げることができなくなってしまいます。
何度も頑張って禁煙をしようと決意して実行してきたけれども、精神的な弱さなのか、それとも体がタバコを欲しがっているのか分かりませんがタバコのパッケージを見たり、吸っている人を見て羨ましく思ったり、タバコの良い香りを嗅ぐと一瞬にして禁煙という文字がなくなって吸いたいと言う衝動に駆られてしまいます。
禁煙宣言をしては誘惑に負けてしまって吸ってしまって、結果的にタバコに負けてしまうのです。
禁煙が成功しないのは自分の弱さもあるかもしれないですが体内に残っているニコチン成分が切れてイライラすることが原因でタバコが欲しくなってしまうのです。
そしてニコチン切れになった体にたばこを送り込ませると一気にタバコってすごく美味しいと言う気持ちになるのです。

この美味しいという気持ちを塞いでくれるのがチャンピックスと言われる禁煙薬です。
こちらのお薬は禁煙外来でも必ず処方されるお薬ですので、本気で禁煙を考えている人にはぜひ服用していただきたい薬です。
服用方法としては禁煙を宣言をした初日から服用していただきます。
服用期間としては12週間とやや長い感じがしますが、その間にチャンピックスを服用していると段々タバコがまずいと感じてくるようになり、次第にタバコが嫌いになってくるのです。
タバコがまずくなるとわかるともう喫煙をする意味がなくなってしまいます。

まずいものをわざわざ吸っても仕方がないです。
そしてチャンピックスを服用するときに注意していただきたいのが、ニコチンを含んだ禁煙補助薬と併用しないことと、うつ病などの精神疾患を患っている方やアレルギー症状がある方に妊娠中または授乳期間中の女性と未成年者に当てはまります。
それにチャンピックスを服用した際には、多少のめまいなどの症状が出てしまう可能性が非常に強いので、服用後に自動車の運転などは絶対に避けておいたほうが良いです。
万が一に大きな事故等を起こしてしまったら禁煙どころではないです。
他にも不眠症や便秘に吐き気や普段とは違う夢を見るなどの症状が出る場合があります。
あまりにも副作用で体に大きな影響が出てしまっているという人は一度お医者さんに相談をしたほうが良いです。

チャンピックスのおかげで禁煙に成功したという声は良く聞こえてきます。
禁煙をしたくても、どのように禁煙をしたらよいのかわからない、何度も禁煙をしているけれども失敗ばかり繰り返してしまう人などももう一度だけお医者さんに相談して服用してみることをお勧めします。
禁煙して分かることはタバコは本当に百害あって一利なしです。
お金はすごくかかるし体に悪いし周りの人にも大迷惑をかけてしまう厄介者です。
それにタバコから解放されると凄く外の空気がおいしく感じますし、食事だって素材の味をしっかりと楽しむことができるようになって最高です。

チャンピックスで禁煙を成功させる

健康の為にこれから禁煙を考えている方もいるかもしれないですし、タバコも段々と値段が上がっているのでこれから止めていこうと決意をしている方もいるかもしれません。
そのような時に自分だけの力で止める事ができれば良いのですが、だいたいのタバコを吸っている方は中毒のようになっている為、すぐに止める事ができないのではないでしょうか?
中にはイライラしてきてしまってタバコの事しか考えられず、我慢していたものを購入して吸ってしまう方も多いでしょう。
そのような時には1人で禁煙を行わずに、お医者さんへまずは相談をしてみると良いです。
チャンピックスという医薬品があるのは知っているでしょうか?
こちらは禁煙開始予定日の1週間前から服用し始めて、服用8日目から禁煙を行うものになります。
しかし自然にタバコを吸いたくなくなってきてストレスに感じない時には、8日目まで待たなくても早めに禁煙を行う事ができます。
トータルでチャンピックスを12週間服用する事となるのですが、正しい利用をしていると禁煙を成功させる事ができるのです。
服用の量も始めは1日1回服用していくのですが、4日から1日2回へと変化していきます。
チャンピックスを服用する点で一番良いのが、1人で行わないという事です。
自分だけで禁煙をしようと思ってもなかなかすぐに止められないものですが、自分だけでなく誰か監視してくれている人がいると止めやすくもなります。
そしてその相手がお医者さんにもなりますので、信頼をしながら止めていく事ができるでしょう。
効果をしっかりと出す為にも、自分だけの考えで途中で服用を止めたりはしてはいけません。
しっかりと医師に相談をしながら指示通りに毎日続ける事が大切です。
結果が出始めると途中で服用を止めたくなる方も出てくると思いますが、まずはそのまま服用を指示通りに続けましょう。
服用を行う時にはコップ1杯の水やぬるま湯で服用するようになります。
チャンピックスはタバコを吸う事で脳の中にあるニコチン受容体というところにニコチンが結合をしてしまうのですが、その時に快感を生じさせる物質を放出させるのでその感覚にハマってしまい止められない方が多くいます。
その受容体に結合を行うので、ニコチンの時の少量の物質を放出させてイライラを軽減させながら止める事ができるのです。
そしてニコチンを服用した時のおいしい感覚も感じさせないようにしてくれるので、タバコを吸っても満足した感覚を得られないようにもなります。
禁煙をしたい方は購入する時に健康保険を適用させる事ができますので、費用も健康保険が使えなかった時代よりも軽減させる事ができます。
条件などもある為まずはお医者さんに相談をして、トータルでどのくらいの費用がかかってくるのか聞いてみましょう。
タバコは体に決して良いものではないので、止めたいと感じた時にはチャンスです。
自分の家からも近く通いやすいお医者さんを選び行きましょう。
また、海外輸入の代行業者を利用しての購入も可能です。
インターネットから利用できますので、検討してみてはいかがでしょうか。

子供が産まれる前に禁煙を成功させたい時に便利

子供が産まれた時というのは生活環境にも色んな変化が出てくるもので、ホコリが立たない様に部屋を綺麗に掃除するという方が増えるのです。
そして特に多いのが、今まで続けていた煙草をキッパリと止めてしまう人です。
煙草の煙を少しでも子供に吸わせない為に、辛くても煙草を止めなければと強い決心を固めるのでしょう。
しかし強い決心を持ってしても、煙草というのは中々止められるものではありません。
中には禁煙生活が一ヶ月どころか、一週間も続けられなかったという人も居られるぐらいです。
自分もそれと同じぐらい意志が弱かったと、自分の心の弱さを悔やんでいる人も居られると思います。
そういう時には禁煙生活中の心強い味方になってくれる、チャンピックスという医薬品を服用する事がおすすめです。
ただし、この医薬品は妊娠中や授乳中には使用を控える様に言われています。
だからこそ子供が産まれる事に合わせて禁煙治療をするつもりであれば、奥さんではなく旦那さんの治療用と考えてください。
チャンピックスは禁煙生活を上手くいかせる為にある医薬品だと言われ、禁煙生活の苦しさに悩む方々から大変人気の製品となっています。
そもそも何故に煙草中毒という症状が起きるのかと言えば、煙草に含まれているニコチンという物質が一番の原因になっているのです。
煙草を吸う事によって脳内にある、ニコチン受容体に対してニコチンが作用すると、ドーパミンという快楽物質を放出します。
このドーパミンによる快楽が厄介であり、煙草を吸う事による快楽を求め続けなければ、ドーパミンが不足している時に精神が不安定になってしまうのです。
そんな苦しい状況を打破する為にあるのがチャンピックスであり、ニコチン受容体にニコチンが結合する動きを防いでくれます。
そうする事でどうなるのかと言えば、煙草を吸ったとしてもドーパミンが出る量が減少して、煙草を吸った後の満足感が減少してくれるんです。
その御陰で煙草に対する欲求が日に日に減ってきて、気付いた頃には禁煙をしている事も苦しくなくなっていきます。
ただしチャンピックスに頼ったとしても、煙草を吸いたいという気持ちが突然に無くなってくれる訳ではありません。
ゆっくりと禁煙を成功させるつもりで、毎日の喫煙量をメモする事を忘れない様にしましょう。
この医薬品を服用しながらであれば、日に日に喫煙量が減っている事を実感する事は難しくありません。
チャンピックスを使った禁煙治療は、大体12週間ほどかかるというのが基本になっています。
その間に煙草を吸いたいという気持ちは十分に減ってくれるはずですから、気持ちの上で辛い12週間になるという可能性は低いです。
どうにかして子供が産まれる前に禁煙を成功させておきたいと考えるのなら、子供が産まれる12週間以上前から禁煙治療を始めましょう。
もし一度目の禁煙治療が上手くいかなかった時の事を考えて、子供の妊娠が分かった直後から禁煙生活を始めてみる事をおすすめします。

チャンピックスは、今までで一番効果の高い禁煙補助薬です。

昔から、タバコは大人が嗜むものという、渋く洗練されたイメージがあります。
最近になってこそ、全面禁煙のお店、タクシー、新幹線の車両などが出てきていますが、喫茶店や居酒屋などには、まだまだ浸透していません。
おしゃれ、恰好良いというイメージや禁煙への甘い認識からか、喫煙者の割合はなかなか減少しませんし、20代から30代の女性の間では、むしろ増加しています。
禁煙派の立場から言わせてもらえば、タバコは百害あって一利なしです。
タバコをそこまで悪者にして、喫煙者にひどく肩身の狭い思いをさせることないではないかと思っているみなさん、これから説明する内容を見れば、タバコがいかに身体に害を与えるか分かりますよ。
タバコの煙の中には、沢山の有害物質が入っていて、健康に悪いことは常識ですね。
でも、健康だけでなく、美容にも悪いということをご存知でしたか。

タバコを吸うと、女性ホルモンの分泌が抑えられてしまい、肌にハリがなくなり、しわしわになりやすくなるのです。
その上、骨の量を減らし、骨が折れやすくなったり、閉経を早める作用もあります。
そして、歯もヤニで汚れて黄ばんでしまうのは常識ですが、心臓疾患の原因になる、あの歯周病になる確率も上がるのを、知っている方は少ないでしょう。
また、肺がんのリスクが高くなるなど、良いことはありませんから、注意してください。
でも、やめられない、タバコはおいしいから、という方は、禁煙外来へ行ってお薬で治すことをおススメ致します。

タバコがおいしくて、やめられないのは、ニコチンが脳の中の受容体と結合して、気持ち良いという感覚を生じさせる物質を出させるのが原因なのですが、これには、チャンピックスというお薬が良く効きます。

チャンピックスという禁煙補助薬は、良くお医者様が出される薬の一つで、前述した快感を感じる物質、ドーパミンを安全な方法で、しかもニコチンの場合より少量出させて、タバコを吸いたいという衝動を減少させてくれるものなのです。

効果を高めるには、12週間、きちんと禁煙外来に通うことがとても重要になります。
なぜなら、12週最後まで受信した方は、初回で受診を中止している方の7.5倍も、禁煙に成功しているからです。

最初の1週間は、喫煙をしながら服用しますが、ニコチン切れでイライラすることもあるでしょう。
そんな時は、飲み物を飲んだり、ガムを噛んだりと、口に何か含むと良いです。

続けるほどに、呼吸が楽になったり、食べ物がより美味しく感じるなどの変化が徐々に現れてきますから、禁煙の良さが深く実感できることと思います。
ニコチンは、依存症になると、本当に怖い物質で、チャンピックスが従来の禁煙補助薬と一番違うのは、ニコチンを全く含まないということです。
従来は、タバコの代わりに少量のニコチンを与えて、禁煙を進めていたのですが、この事実からも、いかにチャンピックスが画期的で、なぜ今までで一番効果が高いと言われているか、お分かり頂けると思います。

禁煙する上で定評がある飲み薬のチャンピンクス

タバコによる健康被害の側面と税金の値上がり等の事情により、禁煙を志す人も増えています。
ただ禁煙すると、長年ニコチンを摂取し続けてきたことによる禁断症状が必ず起こり、そのためイライラが生じたりして、吸いたいという気持ちが湧き上がってきますので強い意志を必要とされることも多いです。
ただ禁煙をより効果的に行なうことが出来る薬があり、個人輸入代行を行なうサイトからでも入手することが可能となっています。
その薬の名前は、チャンピックスです。
このチャンピンクスには二つの効果があり、まず一つ目の効果としてはタバコを吸うと脳にあるニコチンに反応して快楽物質であるドーパミンを放出する受容体がありますが、それを少量に抑制する働きがあります。
タバコはニコチンが切れてくるとまた吸いたいという衝動が起こり、吸えないとイライラするのですが、それを受容体から少量のドーパミンを放出させることでイライラを軽減するのです。
そして、二つ目の効果は、ニコチンそのものから脳の受容体に反応するのを防いで、タバコが「おいしい」という満足感を得にくくします。
この二つの効果自体をうまく活用することで、禁煙に成功させる薬となります。
服用方法については、まず禁煙開始日の予定の1週間前から行ないます。
一日一回0.5mgの錠剤を朝・昼・夜のいずれかの食後にコップ一杯のぬるま湯か水で服用します。
1~3日目まで同じ様に行ない、その間は当然、我慢できなければ喫煙をしてしまっても構いません。
そして4~7日目には、今度は0.5mgの錠剤を今度は朝・昼・夜のいずれかの食後に2回服用を行なってきます。
例えば、朝の食後に服用し、夜の食後に服用するようにします。
この時でも喫煙を我慢できなければ、吸っても構いません。
そして、8日目~は具体的に禁煙を始めます。
これ以降はタバコを吸わないようにします。
8日目~は、今度は1mgの錠剤を一日2回服用というように量を増やしていきます。
そして、禁煙以降はチャンピックスを合計12週にわたり服用し続け、禁煙に成功するという流れになります。
なお錠剤を服用し何日か続けるとタバコがそれほどおいしく感じられなくなっていくことで、自然に8日を待たずに禁煙できる場合があります。
そういった場合は、早めに禁煙を行っても構わないです。
チャンピックスの服用の際に注意することは、未成年者、他に服用している薬があること、精神疾患を抱えていること、腎臓の病気に罹っていること、妊娠中もしくは授乳中であったりすること、アレルギー反応を始めとする症状がある場合には医師の診断や相談を受けるようにします。
また副作用には、頭痛、吐き気、便秘、お腹のはり、不眠等の症状が起こる場合があります。
こういった症状が出た場合や異常を感じたら、医師に相談することが必要です。
なお薬の服用後にめまいや眠気等の症状が起き、それによって自動車事故を引き起こした事例も過去にはあります。
そのため、服用後に危険な機械運転を操作しない様に注意する必要があります。
最後に2006年から健康保険を利用して、医師の禁煙治療を受けることが出来るようになったので、医師の判断でチャンピックスを処方されるケースもあります。

チャンピックスで禁煙に成功した

私は、二十歳を過ぎたころからずっとタバコを吸っていました。
そんな私ももう三十路です。
それまでに何回かタバコをやめようと決心し、実行にうつしていましたが、なかなかやめられずにいました。
たばこをやめようと思って、3か月くらいは何とか吸わずにいられるのですが、しばらくすると、「たばこってどんな美味しさだったっけ」と確認したくなり、また吸いたくなるのです。
近くに喫煙者がいるとなおさら、また吸いたいなという気になって、甘い誘惑が私を誘うのです。

飲み会のときなどは、みんなスパスパ吸うので、ついつい私も「一本だけちょうだい」と言って煙草に火をつけてしまうのです。
また、吸わずにいるとイライラがおさまらなくなってしまって、結局またたばこを吸ってしまうんですよね。
すると、気分もすっきりしてすがすがしい気持ちになるのも、ほんの束の間のことで、その後、また禁煙に失敗したという自責の念に駆られるのです。
喫煙って、百害あって一利なしなんですよね。
自分の健康をも害してしまいますし、私も可能なら将来子供を持ちたいと思っています。

もし、喫煙のせいで、障害を持った子供を妊娠したり、自分の子供にアレルギーなどが出てしまっては、きっと後悔することになるでしょう。
子どもの健康を願わない親なんていないでしょうからね。
副流煙は、他人にも迷惑をかけているとも言えます。
近年では、タバコが吸える場所が限られてきていますし、喫煙者には肩身が狭くなってきています。

煙草を決められた場所で吸っているだけでも嫌な顔をされますしね。
たばこが値上がりするとも聞きますし、本当に辞めなくてはと思っていました。
以前のように、根性で禁煙するのは私の性格上きっとまた失敗に終わってしまうと思い、そこで色々調べてみることにしました。

すると、お医者さんの指導のもとチャンピックスという薬を服用ながら禁煙するという、真新しいスタイルを発見しました。
今までは、自分一人で行っていたのが、医師のもとですと何か安心感がありますし、薬を服用するので効果的そうなのが気に入り、試して見ることにしました。
まず、禁煙しようとしている1週間前からこのチャンピックスを服用し始めました。
8日目に禁煙するのですが、何となくこの頃からたばこを吸いたいという気持ちがなくなってきていることに気づきました。

こうして、計12週間チャンピックスを飲み続けました。
吐き気などの副作用があるケースがあるみたいなのですが、幸運にも私にそのような症状はありませんでした。
大変な思いをすることなく続けられたので、とても感謝しています。
飲み忘れないように、私は外出するときにはピルケースに入れて持ち歩いていました。
医師から言われた注意点として、タバコを辞めれたと思っても、途中で薬の服用を自己判断で辞めないことと重々言われました。
この決まりをきちんと守ることで、何とわたしが禁煙することに成功したのですから、驚きです。