禁煙する上で定評がある飲み薬のチャンピンクス

タバコによる健康被害の側面と税金の値上がり等の事情により、禁煙を志す人も増えています。
ただ禁煙すると、長年ニコチンを摂取し続けてきたことによる禁断症状が必ず起こり、そのためイライラが生じたりして、吸いたいという気持ちが湧き上がってきますので強い意志を必要とされることも多いです。
ただ禁煙をより効果的に行なうことが出来る薬があり、個人輸入代行を行なうサイトからでも入手することが可能となっています。
その薬の名前は、チャンピックスです。
このチャンピンクスには二つの効果があり、まず一つ目の効果としてはタバコを吸うと脳にあるニコチンに反応して快楽物質であるドーパミンを放出する受容体がありますが、それを少量に抑制する働きがあります。
タバコはニコチンが切れてくるとまた吸いたいという衝動が起こり、吸えないとイライラするのですが、それを受容体から少量のドーパミンを放出させることでイライラを軽減するのです。
そして、二つ目の効果は、ニコチンそのものから脳の受容体に反応するのを防いで、タバコが「おいしい」という満足感を得にくくします。
この二つの効果自体をうまく活用することで、禁煙に成功させる薬となります。
服用方法については、まず禁煙開始日の予定の1週間前から行ないます。
一日一回0.5mgの錠剤を朝・昼・夜のいずれかの食後にコップ一杯のぬるま湯か水で服用します。
1~3日目まで同じ様に行ない、その間は当然、我慢できなければ喫煙をしてしまっても構いません。
そして4~7日目には、今度は0.5mgの錠剤を今度は朝・昼・夜のいずれかの食後に2回服用を行なってきます。
例えば、朝の食後に服用し、夜の食後に服用するようにします。
この時でも喫煙を我慢できなければ、吸っても構いません。
そして、8日目~は具体的に禁煙を始めます。
これ以降はタバコを吸わないようにします。
8日目~は、今度は1mgの錠剤を一日2回服用というように量を増やしていきます。
そして、禁煙以降はチャンピックスを合計12週にわたり服用し続け、禁煙に成功するという流れになります。
なお錠剤を服用し何日か続けるとタバコがそれほどおいしく感じられなくなっていくことで、自然に8日を待たずに禁煙できる場合があります。
そういった場合は、早めに禁煙を行っても構わないです。
チャンピックスの服用の際に注意することは、未成年者、他に服用している薬があること、精神疾患を抱えていること、腎臓の病気に罹っていること、妊娠中もしくは授乳中であったりすること、アレルギー反応を始めとする症状がある場合には医師の診断や相談を受けるようにします。
また副作用には、頭痛、吐き気、便秘、お腹のはり、不眠等の症状が起こる場合があります。
こういった症状が出た場合や異常を感じたら、医師に相談することが必要です。
なお薬の服用後にめまいや眠気等の症状が起き、それによって自動車事故を引き起こした事例も過去にはあります。
そのため、服用後に危険な機械運転を操作しない様に注意する必要があります。
最後に2006年から健康保険を利用して、医師の禁煙治療を受けることが出来るようになったので、医師の判断でチャンピックスを処方されるケースもあります。

Comments are closed.