子供が産まれる前に禁煙を成功させたい時に便利

子供が産まれた時というのは生活環境にも色んな変化が出てくるもので、ホコリが立たない様に部屋を綺麗に掃除するという方が増えるのです。
そして特に多いのが、今まで続けていた煙草をキッパリと止めてしまう人です。
煙草の煙を少しでも子供に吸わせない為に、辛くても煙草を止めなければと強い決心を固めるのでしょう。
しかし強い決心を持ってしても、煙草というのは中々止められるものではありません。
中には禁煙生活が一ヶ月どころか、一週間も続けられなかったという人も居られるぐらいです。
自分もそれと同じぐらい意志が弱かったと、自分の心の弱さを悔やんでいる人も居られると思います。
そういう時には禁煙生活中の心強い味方になってくれる、チャンピックスという医薬品を服用する事がおすすめです。
ただし、この医薬品は妊娠中や授乳中には使用を控える様に言われています。
だからこそ子供が産まれる事に合わせて禁煙治療をするつもりであれば、奥さんではなく旦那さんの治療用と考えてください。
チャンピックスは禁煙生活を上手くいかせる為にある医薬品だと言われ、禁煙生活の苦しさに悩む方々から大変人気の製品となっています。
そもそも何故に煙草中毒という症状が起きるのかと言えば、煙草に含まれているニコチンという物質が一番の原因になっているのです。
煙草を吸う事によって脳内にある、ニコチン受容体に対してニコチンが作用すると、ドーパミンという快楽物質を放出します。
このドーパミンによる快楽が厄介であり、煙草を吸う事による快楽を求め続けなければ、ドーパミンが不足している時に精神が不安定になってしまうのです。
そんな苦しい状況を打破する為にあるのがチャンピックスであり、ニコチン受容体にニコチンが結合する動きを防いでくれます。
そうする事でどうなるのかと言えば、煙草を吸ったとしてもドーパミンが出る量が減少して、煙草を吸った後の満足感が減少してくれるんです。
その御陰で煙草に対する欲求が日に日に減ってきて、気付いた頃には禁煙をしている事も苦しくなくなっていきます。
ただしチャンピックスに頼ったとしても、煙草を吸いたいという気持ちが突然に無くなってくれる訳ではありません。
ゆっくりと禁煙を成功させるつもりで、毎日の喫煙量をメモする事を忘れない様にしましょう。
この医薬品を服用しながらであれば、日に日に喫煙量が減っている事を実感する事は難しくありません。
チャンピックスを使った禁煙治療は、大体12週間ほどかかるというのが基本になっています。
その間に煙草を吸いたいという気持ちは十分に減ってくれるはずですから、気持ちの上で辛い12週間になるという可能性は低いです。
どうにかして子供が産まれる前に禁煙を成功させておきたいと考えるのなら、子供が産まれる12週間以上前から禁煙治療を始めましょう。
もし一度目の禁煙治療が上手くいかなかった時の事を考えて、子供の妊娠が分かった直後から禁煙生活を始めてみる事をおすすめします。

Comments are closed.